Macでマウスを使う時の選びかたと設定

Mac星人です

マウスだから猫、という訳でも
ないんですが、猫を飼ったことが
ありました。事情があって飼えなく
なりましたが、彼のことを
思い出すといまでもとても
寂しくなります。可愛かったですねえ。

マウスならばなんでもいいか、
といえばそうでもなく、ストレスなく
使うのにはどれを買えばいいのか、
Macとの相性が良いマウスを
探してみました。

Macと相性の良いマウス

iMacの場合

iMacには無線のマウスの
Magic Mouse2が付いてきます。
が他のマウスへ変えることもできます。

MacBookシリーズ

MacBookPro、MacBookAir、
MacBookの三タイプがあります。

基本的にトラックパッドを使う
シリーズですが、12インチの
MacBook以外はUSBポートがあり、
純正でも他の市販のマウスでも使えます。

マウス購入のポイント

マウスは握った時にピッタリくる
のが命です。操作性も大事ですが、
大きさや握り具合、重さ、ボタンや
ホイールの滑らかさや確実性がよく、
電池が長持ちするか、など、快適な
使いごごちのものを選んでください。

自分の気に入ったマウス見つかったら使ってみましょう。

無線のマウスの接続方法

Macと無線マウスを繋ぐのは
Bluetoothを使います。
最初にマウス本体の電源を入れると、
MacのメニューバーにBluetooth接続が
出てきますので、Bluetoothアイコンを
クリックするとプルダウンで
マウスの名前が表示されるので
選択します。これがペアリング設定と
いって最初の設定です。これだけ。
次回からは自動で接続します。簡単ですね。

スクロール設定

マウスの初期設定のままでいいなら
それでいいですが、動きを変えたい場合は
「システム環境設定」→「マウス」を選択。
ここで好みの動きが設定できます。

右クリックの設定

デフォルトでは右クリックが
できませんが、ワンボタンの
Mac専用マウス以外のものを
接続すると右クリックは行えます。
「システム環境設定」→「マウス」と
表示していくと右クリックの操作が
できるようになっていますが、
ワンボタンのマウスの場合は設定が必要です。

「システム環境設定」→「マウス」を選択。

「ポイントとクリック」を選択し、
「副ボタンのクリック」にチェックを入れます。
すぐ真下にある下向き矢印をクリックし、
「右側をクリック」を選択します。

マウスの電池残量

無線のマウスは単独なため
電気の補充が必要になります。
なので、電池切れを起こさないよう
気をつけます。電池残量は
「システム環境設定」→「マウス」を
クリックするとマウスの電池残量が
表示されます。

Mac星人おすすめ

Apple Magic Mouse2

Appleの純正品なので、
Macとの互換性は抜群です。

無線タイプ、充電式で軽量です。
Lightning-USBケーブルが付属
しているので、バッテリーが切れて
困った時にはMacから充電
させることも可能です。
2本指や3本指を使った
ジャスチャー操作も可能です。

Microsoft Designer Bluetooth Mouse

電池式ですが軽く、
単4電池2本で半年持ちます。

 

 

Microsoft Arc Mouse ZJA-00067

使うときは丸くなり、
しまうときは平らに
なるので使い勝手と
持ち運び両方に配慮が
あります。充電式です。

 

Microsoft Arc Touch Mouse RVF-00057

青色LEDなので、
木材の表面や
カーペットの上でも
使えます。

 

 

ちなみにMac星人は手が小さいので、
小さいものがいいです。
なので、SUNWASUPPLYの
MA-122HWという小型で有線の
ものを使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA