Photoshopの使い方基礎No1

Mac星人です

Photoshopを初めて使って見たら、
結構わからないことだらけかも
しれないですね。単位もミリメートル
じゃなくてインチだったり。
まずセンチメートルという
見慣れた単位は出てこないですし。

Photoshopの基礎

Photoshopって何?

アドビという会社が作った
画像編集用のソフトです。有料ですが、
1ヶ月間のお試し期間もあるので、
まず試してみるのもいいかと思います。
ソフトは一本いくら、ではなく、
月単位と年間の契約や学割もあります。
他のイラレやインデザインなどとの
抱き合わせ契約だと割安で使えたりします。

Photoshopで何をするか

Photoshopですることは写真の編集、
加工やイラストを書いたりできます。
実際に印刷屋や、本の編集では、
全体の組み立てやイラストや絵の編集は
イラレやインデザインで行い、
写真の編集や加工をPhotoshopを
使って行なっています。

PhotoshopとIllustrator

どちらも実際に仕事現場で
使われているソフトですが、
初心者だと混同しておられる方が
いらっしゃるようですが、全く違うソフトです。

PhotoshopとIllustratorの違い

1個目:ビットマップとベクター

Illustratorはべきター画像といって、
座標と線で図形を描くソフトです。
線は拡大しても粗くならないで、
一本の線でできています。

Photoshopはビットマップといって、
四角形の点の集まりで、決まった
範囲の中にいくつ点があるかで
解像度が決まります。拡大していくと
点が大きく表現されて点の集まりで
あることが良くわかります。

2個目:使用目的

写真の編集・加工に使うのが
Photoshop、本文やイラストやロゴ
などの作成に使うのがIllustratorです。

写真入りのポスターやチラシを作る場合、
全体の画面構成やトップのロゴ、文章を
Illustratorで作り、写真の加工(サイズや
解像度、色調整)をPhotoshopで行なって、
画面に配置するのはIllustratorで行います。

しかし職種によってどちらのソフトを主に
使用するかという違いもあります。

3個目:Photoshopを使用する職種

グラフィックデザイナー
フォトグラファー
イラストレーター

4個目:Illustratorを使用する職種

DTP(印刷原稿作成)
ロゴ制作
イラストレーター

どちらの職種も両方使って編集する
ので、両方使えることが必須です。

5個目:Photoshopを使うに当たって

Photoshopは解像度がどれくらいなら
綺麗に見えるか、ということを初めから
意識して作らないとダメで、解像度が
高ければ(高い=数値が大きい)
高いほど良いというわけではなく、
高いとファイルサイズがバカデカク
なって重くなるので、作る目的によって
適正な解像度が存在します。

IllustratorとPhotoshopはセットで
使われることが多いですが、印刷現場では
Illustratorの代わりにinDesignが使われる
ことも多く、絶対Illustratorではなくなって
きているのが現実です。inDesignはページの
組み合わせなどの編集機能が充実していて、
Illustratorのようにページ編集の煩雑さが
無いようにできています。

Illustratorは名前の通りイラストを描くのに
向いていますし、
Photoshop名前の通り写真が主です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA