絵を描く仕事は何だろう。PCはMacでもWindowsでも・・・

画家

Mac星人です

Mac星人は画学生。
昨今はスマホがないと
生きていけないご時世に
なりました。なんでもスマホ。
固定電話を持っていない
家庭が当たり前になって
きています。PCやスマホで
動画を見るのが忙しくて、
テレビもすっかりつまらなく
なりつつあります。

描いて生きて行きたい

家の中にテレビはある?

これは近未来のことだと思います。
テレビのない家。ニュースも
ドラマもデジタル、漫画も本も
デジタル。家の中に何も
いらないので、片付ける
必要のない家。すっきりします。

仕事に就く

もしあなたが
『絵を描いて生きて行きたい』と
思ったら、どんな仕事があるでしょうか?
例えば

  • デザインしたキャラクターが動画のなる?
  • クリエイターと呼ばれて絵だけを
    描いて生きていけるかも?
  • いずれフリーとして独立して
    会社員よりも大きく稼いで
    いけるかも?
  • 大きく名前を残して
    不特定多数の人に覚えてもらえるかも?

そんな想像が現実になる
かもしれない絵を描く仕事に
つくための考え方について、
仕事の種類や仕事に
つくための方法など
現場視点もふくめまとめて見ました。

絵が好きだから
絵を描く仕事がしたい!

絵に関わる仕事をするなら
「フリー」「会社員」2つの道があります。

  1. フリーランスとして
    どこにも属さず一人でやっていく
  2. 社員(正社員・契約・派遣含む)
    として絵を描く仕事で働いていく

それなりの技術を教えてもらって、
新卒として働くにも
フリーランスと社員と選択肢は
あるかと思いますが、
食べて行くだけの稼ぎを得るなら、
いきなりフリーランスの絵描きは
無理だってことはわかっています。
その理由はわかっているとは
思いますがちょっとまとめると、

  1. 仕事を依頼してもらえるような人脈なし
  2. 世間の常識や仕事の相場がわかってない
  3. 実力を示せるような実績が無い
  4. 技術向上のための場所や機会が無い

ですよねえ

これを得るためにまずは「絵を描く社員」になって

  1. 仲間などの人脈を得る
  2. 世間や業界内の常識や
    絵の相場を理解する
  3. 顧客とのやりとりから
    将来のクライアントを作る
  4. 実力のある先輩から技術や
    コツを仕事の現場で毎日教わる

それから独立する。
一般的に絵の仕事で実力の
ある人はそうしてフリーになって行きます。

しかしその全体像は過去のものになるかも。

テレビで最近『クラ〇〇ワークス』
とかがCM流しています。
在宅ワークではまだまだそんなに
メジャーではありませんが、
人口は増えています。でもまだ
副業レベルで本業とまで
はいってないようですが、
近い将来、デザイン事務所とか、
いらなくなるかもですね。
でもやはりそれまでは、
本業と副業を組織で
働きながら実現して行くことが
いいと思います。

一般常識を甘くみると
絵を描く実力はあっても
仕事はできないかもしれません。
しっかり経験を積んで目標を
かなえるほうが結果的に成功すると思います。

では、会社に入るには
どう進めればいいんでしょう?

「学校」から考えて見ましょう

今は絵もイラストも漫画も、
学べる専門の学校が全国各地に
あります。四年制の大学から
専門学校まで、色々あります。
なるべく出世した人が
多い学校を選びましょう。
やはりそういう学校は
教える側のレベルが高いと
思います。いいものを見ると、
それだけで自分のレベルも上がると
思います。卒業してからの
行く道が変わってきます。
会社側もだいたい新卒枠を
設けていて、毎年何名か
採用しています。
将来仲間となる人材も集まって
くるので、卒業した先輩たちも含め、
卒業後の人脈につながる可能性が大きいです。
また、専門学校は経営的にも
必死であなたを絵の仕事に
就職させようとしてくれるでしょう。

今は専門学校といえど
大学並みに授業料の
高いことも多いので、そこはお財布と相談。

技術については、学校によっては
通信も充実してきました。バイトを
しながら通信で絵を学ぶこともできます。
そこは本人次第ですね。

どんな絵を描く仕事があるか

漫画を描く仕事

一昔前までは雑誌社などで
連載ができて、売れれば
漫画家デビューが一般的でした。
今はネット時代。漫画をネットに
乗せて、漫画家デビューも
夢ではなくなりました。
現在はホームページ・
広告・SNSなど様々な媒体で
仕事の範囲は広がっています。
色々と積極的に試してみるのがいいでしょう。

アニメを描く仕事

一枚の単価が安く、高い
パソコン技術も必要なため、
やはり学校へ行って
アニメの会社で経験を積むのが
一番でしょうが、技術がつけば、
在宅でも仕事は得られる時代です。
ただ激務なことは変わらず、体力、精神力が必要です。

ゲームのキャラや背景を描く

スマホでのゲームが盛んで、
最も急成長の分野かもしれません。
急成長なだけあって、
働きたい人が急増している
分野なので、生き残るのは
大変ですが、当たれば大きい!
フリーランスで生きて行くのも
大変かもですが、
会社に所属してからの独立になりますね。

ゲームなどのCG関連を作る

キャラクターをCGで
動かすあの独特の揺れ。
とCGと絵を組み合わせて
ゲームを作成するお仕事。
やはり会社に就職してからのことになります。

の作成に関わる仕事

表紙や挿絵を描く仕事です。
一般的に人目につく仕事なので、
実績という点で有利かもしれません。

メーカーで
キャラクターやグッズを作る仕事

おもちゃや文具、グッズを
制作して売る会社での仕事です。
グッズは当たれば大きいです。
有名なキャラクターを作る会社
などたくさんあるので、
絵を描くというよりは、
世間受けするものを作る仕事です。

デザイン系の仕事

グラフィックデザイナーなども
いきなりなれるわけではなく、
まずはグラフック系の学校で
技術とセンスを学んで、
デザイン系の会社に勤めて
実績を積んで独立するのが一般的です。

残念ながら今の日本で
油絵や日本画で生計を
立てられるようなことを
教えてくれる学校は存在しません。
考えてみれば教える側の教授も
画家は本業になっていないんですものね。
ノウハウが分かっていれば
先生してない・・・・
多くは本業はお勤めで、
副業でやっておられる方が多い状態です。
海外のように「画家」という
職業が成立するようになればいいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA