Mac星人と宇宙

Mac星人宇宙

Mac星人は宇宙と出会った

Mac星人が初めて宇宙を意識したのは小学生の頃だったかと思います。父親が本大好き人間で、たくさんあった本の中に、その頃最新だった、スプートニクやアポロ計画を特集した科学誌がありました。綺麗な写真入りでそれはそれは綺麗な本でした。
そして、アポロ計画のロケットはサターン5型という。。。「サターン」そう「悪魔だ!」と小学生の私は勝手に勘違いしてワクワクしてしまいました。大事なロケットを「悪魔」なんてすごい名前をつけるはずないのに。本当は土星の英語名からで、先代のロケットがジュピター(木星)だったからで、ローマの豊穣神「サチュルヌス」に由来し、悪魔の「サタン」ではありませんでした。太陽系や宇宙の解説を貪り読んで一人でワクワクしてましたっけ。
それがきっかけでした。

ISS国際宇宙ステーション

今はISSで宇宙をぐるぐる回って、色々実験をしたり、火星への移住を実現しようと頑張っている人たちがいます。宇宙飛行士を夢見たこともありました。宇宙飛行士の方達がテレビに登場するとワクワクします。若田宇宙飛行士は還暦で、5回目のISS滞在出そうで。夜空を眺めて、ISSが夜空を通過していくのをドキドキしながら眺めます。行ってみたいですね。宇宙。もうすぐ民間でも宇宙ホテルに滞在できる時代がやってきます。お金さえあれば行けそうですが。そんな金ないですよね。
そんな宇宙時代がもうすぐ来るんですね。行ってみたい。

Macと宇宙

Macは私を虜にしましたが、宇宙のイメージとMacは重なる部分が多いと思います。主観的なもので、今説明できそうにありませんが、私の得意な絵で宇宙への思いを表現したいと思っています。それを表現するツールとしてMacはベストです。
空に瞬く星の光は何億年か前に星を離れた光です。その姿や無限の宇宙と生命の繋がりを、一枚の絵の中にその全てを表現することは叶わないまでも、大きな宇宙の一部の事象を切り取って、キャンバスに収めることができればと考えています。

トップの画像は

この作品は8月の学校での公募展に送った50号(1167mm×910mm)です。授業という緊張感のなさは絵にも現れています。「異空間の夢」なんて題名はそこかへ行って、夏祭りみたいだな、、、と。

がんばろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Macが大好で、絵が描きたくて「夢見る芸大生」を経験した「画家」です。夢に向かってもがきながら進んでいきます。