イラストを描くパソコンはMacがおすすめ!

イラストを描くのに適したパソコンとは?

Mac星人です。
イラストを描くには、Photoshopや
Illustratorを使う人が多いわけですが、
クオリティーが高いぶん
性能が良くなければダメだろうなあと
思われる方も多いと思います。
私自身手元にはMacしかないのですが、
以前は職場にWindowsもいっぱいあった
わけで、やはり使い勝手、というか
これは感覚的にMacの方が綺麗に仕上がる
ような気がします。

ノートパソコンでもいいのか?

私が持っているのがノートパソコン。
ノートパソコンでもメモリと
グラフィックボードがしっかり
していればイラストは十分描けます。

ただ画面サイズに関しては
IllustratorやPhotoshopを使う時には
ツールやパネルを画面の両側に配置して
描きます。ので、なるべく広い方が
いいと思います。
画面サイズは15インチ以上は欲しい
ところです。最低15.6インチかな。
17インチ以上を持ち歩くという
ことになると、サイズもさることながら、
かなり持ち重りがするので、
リュックタイプのパソコンバッグに
入れて持ち歩けばいいかもしれません。
持ち歩かないんだったらノートで
なくてもいいですけど。
私は家の中のあちこちで使うので、
ノートを使っています。

イラストを描くのに必要な性能
はどれくらい必要?

お値段の都合での
WindowsでCPUがCeleronなどは
おすすめできません。非常に動きが遅く
イライラしっぱなしですので。
今やMacもMacBook Airなら
10万くらいから手に入ります。

CPU:Core i5以上
メモリ:8GB以上 DDR4

がオススメです。
ここいらあたりのスペックはMacを買う時
店員さんに相談すれば、最適なものを
教えてくれますが、これは最低ライン。
メモリが16GB以上あればなおいいです。
8Gバイトでもよほど複雑な作業を
こなすのでない限り十分使えます。
複雑なというのは、
例えばフォトショップで大きい解像度で
大きな画面を処理したり、
Illustratorでレイヤーが200以上あるとかです。

グラフィックボードは
画像処理に必須!

そもそもグラフィックボードってなに?
て感じかと思います。初めてこの文字を
見たときはCPUなんかもあまりピンと
こないのに・・・のノリですか。
グラフィックボードとは、
画面表示を綺麗に表示するためのものです。

グラフィックボードは呼び名が結構あって、
「グラボ」「ビデオカード」
「イラストボード」
「ビデオアダプター」
「グラフィックカード」
皆呼び名が違うだけで同じものです。

グラフィックボードはグラフック処理には必須です。

なぜかというと、GPUという回路があって、
画像や動画を専門に処理をしてくれます。
CPUとは別にGPUがあるので、
画像を処理するときに
CPUにかかる負荷を、
グラフィックボードのGPUの
方で引き受けることができる
から処理速度が高速になります。

ですので、
イラストやマンガを描くために
ノートパソコンを買うなら、
GPU搭載のグラフィックボードを
積んだノートパソコンがおすすめです。

Macなら問題なくついていると
思うので、Macがいいと思いますよ。

画面に直接ペンで描く

ディスプレイに直接描くのではなく
タブレットに描きます。

タブレットには液タブと板タブがあって、
液タブは液晶画面にペンで描きます。
板タブはボードにペンを走らすと
ディスプレイに表示される、というものです。

液タブは値段的にプロ志向だし、
板タブは一万円以下からあるので、

イラストを楽しみたい人向けですね。

とはいえ結局素敵なイラストや絵を描く
のは描く人のセンスがものを言うので、
その辺はまた他の回に委ねるとして、

私は仕事に行きます。デワデワ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA