MACでイラストを描く簡単ソフト

Macで描く
イラレ以外の簡単ソフト

パソコンで絵を描きたい場合、
ソフトで一般的に知られているのは
IllustratorとPhotoshopです。
しかし、使ったことがないのにいきなり
手に入れるのは覚悟がいります。

Illustrator&Photoshop以外

最初は簡単なソフトを使ってみて、
書き方の感触を掴んでから
IllustratorやPhotoshopに
チャレンジした方が良いと思います。

ということで、
簡単なソフトをあげると

イラストを描く

MacApp Storeで手に入る
Autodesk Graphic 
Mac OS X に最適化されたアプリです。
Illustratorに近く、割と簡単に
絵が描けるようです。

また、
Adobe社で手にはいる
写真やビデオを、簡単に管理、
編集、作成および共有すること
ができる
Photoshop Elements 15、
15,800円

また、画像の作成とレタッチ、
描画とペイント、エフェクト、
シンプルな構図を作成できる
ツールを搭載しているPixelmator
良いと思います。3,600円。

また上記以外の
無料ソフトについては
Macで絵を描く無料ソフトはどれ?!
でもアップしています。

ソフトを使って絵を描く

下絵をアナログで描いて
それをスキャナーで取り込んだり、
写真にして下敷きにし、彩色すると
思い通りの絵が描けるかと思います。

パソコン環境はというと…

もし現在使っているパソコンがあれば、
それを使って見ます。

WindowsでもMacでもどちらでも
絵はかけます。ノートパソコンでもOK。
私もノートパソコンなので。
ただ色のコントロールは
Macの方が数段綺麗です。

フリーズしたり動きが悪いようなら、
メモリの増設をするか、思い切って
買い替えを検討すればよいでしょう。

パソコンを購入する

パソコンを購入の際
「パソコンで絵を描きたいんです」と
なるべく詳しそうな店員を捕まえて
相談しながら購入すると良いと思います。
レベルに応じてパソコンのスペックを
検討したり、ソフトの情報や細かな設定に
ついて相談に乗ってもらいましょう。

パソコンの作業速度を担う

メモリ容量は、8GB、
長く安定して使える環境なら、
16GB以上を 選べば安心でしょう。

データを貯めておく容量はたくさん
あればいいですね。グラフィック系の
作品は容量が大きいですので、なるべく
多い方がいいですが、そこは色々方法も
あるので、120GBくらいあればいいかと思います。

パソコンは気に入って大事に使うと
故障も少なくサクサク動いてくれますので、
相性が一番です。ご自分にあうパソコンを
見つけてチャレンジして見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA