Macを格安で買う方法

Mac星人です

パソコンを買い換えるのにMacと
Windowsでどちらを選ぶか悩んでいますか?

Macの性能は抜群で是非手に入れたい
けど、価格がね・・Windowsの方が
安いし・・なやみどころです。
Macは基本的に安売りはないですし。

Apple認定整備済製品

聞いたことがない方も多いんじゃない
でしょうか。「Apple認定整備済製品」
Appleの公式サイトで、不定期に販売されて
いるもので、本来なら値引はしない
Apple製品を安く売っています。
正規品とどう違うんでしょうか?

Apple認定整備済製品とは

いわゆる「新古品」のことで、
店頭に並んでいたり、返品されたものを、
Appleが整備し直して、きちんと動く
ようにして販売しているもののことです。

車なんかも新古品を格安で売って
ますよね。中古車だけど未使用のもの。
新車と変わらないですが、
Apple認定整備済製品もAppleが責任を
持って整備して売ってるのです。
Mac以外にもiPadやなんかもあります。
Macが欲しい方にはいいのでは
ないでしょうか?

「Apple認定整備済製品」のメリット

一個目:安く買えること。

Apple製品は値引がないので、
量販店に行っても安くはならないし、
販売店のポイントも少なかったりします。
「Apple認定整備済製品」は
比較的新しいものも20%ほど
値引されて売っています。

例えば
13.3インチMacBook Pro
2.0GHzデュアルコアIntel i5
Retinaディスプレイモデルは
定価が¥16,0704円(税別)
それが¥126,000 (税別)で買えたりします。

2個目:店頭にはない
カスタマイズ品が買える

整備済製品は、スペックの高い
CPUを搭載したiMacや、
英字配列キーボードのMacBookなど、
カスタマイズ仕様の製品を買えるのも
特徴なんです。店頭では基本仕様の
ものしか購入できないので、
あえてカスタマイズ品を買うという手もありです。

3個目:1年間の保証が付いてくる

Appleでは「Apple認定整備済製品」に
1年間の製品保証が付きます。
AppleCareにも加入できますので、
交換や修理にも対応可能なんです。

さすがApple!

「Apple認定整備済製品」のデメリット

整備済製品はいいことばかりでは
実はなくて、難点は
ラインナップが全てあるわけではなく、
単品で出ていて、しかもいつもある
わけではない事。
どんなものがあるかは運任せ。
この製品がいま欲しい!
には対応できないという事ですね。

それとApple Storeで正規品を買う
ときにはメモリの増設やカスタマイズが
できますが、それはできないという点。
また付属品がきっちり揃ってないこともある。
ので、購入の際にはチェックが必要です。

しかし「Apple認定整備済製品」は
新古品でも気にならない方には朗報かと
思います。うまくいけば掘り出し物に
出会えるかもなんでチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA