Macでマウスを使う理由?

Mac星人です

Macを使うのにマウスは必要ない
くらいトラックパッドの性能は抜群で、
スマホを使うように直感的に使えますが、
使用するアプリケーションによっては
微妙な操作が必要になってくると、
やはりマウスが必要になってきます。

1:マウスが必要な理由

トラックパッドでもほぼ全ての操作が
可能です。十分ことは足りると思います。
Mac星人は仕事でWindowsも使いますので、
マウスも操作します。
Macはトラックパッドで、Windowsは
マウスでと使いわけてはいますが、
慣れるまで時間がかかるし面倒なので、
マウスに統一して使うことも度々。

Macのトラックパッドは
スクロール操作がスムーズです。
トラックパッドを撫でるように
上下左右と動かせば画面が
スイーっと動いてくれます。
書類のずっと上下の方向を
探すのは楽です。また「拡大/縮小」
のパーセンテージを変更するのも
スマホみたいに二本の指で、
ツィっと広げると変更できます。

特にMacを携帯して使う場合は
本体一個で済むのでとても便利です。

しかし、例えばIllustratorや
Photoshopなど、微妙なカーソル移動を
頻繁に使うアプリケーションを
使う場合にはトラックパッドでは
かなり疲れますし、作業効率も
マウスを使う方が良いです。

マウスは広範囲に早くピンポイントで
カーソル移動ができます。ですので、
必要に応じてマウスを使えばいいわけです。

ただマウスはかさばるので、
携帯する場合を考えて、なるべく薄くて
軽量で小さいものを使うと良いと思います。

2:マウスの種類

マウスには有線のものと、無線のもの
があります。
有線のマウスは古臭くてカッコ悪いと
思ってませんか?有線には有線の利点
もたくさんあります。

MacにはMac専用のマウスもありますが、
Windowsを使っていた方はトラックパッド
みたいに動作を覚えないと使えないので、
Windows用のマウスをお勧めします。

マウスの選び方

まず有線のマウスですが、
マウスとして単体で動くわけでは
ないので、電池が入りません。
ですので電池残量という心配がなく
使えます。また本体に直接繋がって
いるため、動作に遅延がなく
使えるのも良いです。

しかし有線のため、
コードが邪魔だったり、左効きの方
には少々不便です。また接続には
USBポートを使うので、端子の口が
少ない機種だとハブが必要になってきます。

Mac星人のMacには「古臭く」て結構、
有線のマウスがついています。
しかもWindows用の「安ーい」やつで、
本体に繋げば良いだけの有線です。
USBポートが足りないので、外付けの機器は
可能な限りUSBを付け替えて使っています。

そのてん無線のマウスだと線も絡まず、
USBポートが不要なので、快適に使えると
思います。
見た目もおしゃれなマウスが多く、
かつ薄くて軽量ですね。
ただマウスの紛失もありうるので、
気をつけてくださいネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA