イラストレーターの初心者向け使い方「文字」

Mac星人です

前回では

文字を打って見ました。

イラストレーターで文字を打って
みれば「文字」のパネルには細かな
設定が色々あります。

画面右に「文字」パネルがもし
見当たらなかったら、Commandを
押しながら「T」と打つと出てきます。

文字の大きさを変える


「文字」と書かれたパネルでは
文字の設定が色々できます。
早速文字を大きくして見ます。
書体名の下には大きなTと
小さなTが組み合わさった
アイコンのところの数値が
文字の大きさです。
初期設定は「12pt」になっています。
左右の三角のボタンをクリックして
数字が変えられます。また文字を
直接数字を打っても変えられます。

文字のフォント

フォントを違うフォントに変えて見ます。

文字パネルの「小塚ゴシック Pr6N R」の
右横の三角をクリックしてみると
フォントがずらっと出てきます。
この文字の書体(フォント)名が
「小塚ゴシック Pr6N」、「R」は
フォントの文字の太さのこと。
「R」はレギュラーです。
「文字」パネルの文字フォントを
「ヒラギノ丸ゴ ProN W4」にして見ます。
丸ゴシックです。

アウトラインにする

入力した文字や書き込んだ画像をパスの
集まりにすることを「アウトライン」にする
といいます。

フォントで書かれた文字は文字情報、
アウトライン化したしたものは
「オブジェクト(図形)情報です。
イラストレーターに限らず、打った文字は
文字情報として残りますが、パソコンに
入っているフォント情報が形を決めます。
フォントがインスールされていない場合は
文字がフォント情報を得られないので、
おかしな形、または似たフォントで代用
されたりして、変形したり、文字の並びが
変わったり、文字化けしたりします。

事務作業ならなんとかなっても、「絵」と
して残す場合は不都合なことになります。
そこで文字をアウトライン化しておけば
文字化することや変形したりすることなく
表現できます。

またオブジェクト化(図形化)すれば
自由に変形したり、色を変えたりして
ロゴを作ることができますね。
イラストレーターと他のソフトの圧倒的な
違いは文字を図形にすることができること
です。イラストを書いていく上でも
オブジェクトの使い方を覚えるのに
とてもいい材料だと思います。

文字をアウトライン化するときは、
やり直しをすることを考えておいたほうが
いいので、いま入力したファイルは保存して、
別名でアウトライン化するファイルを保存
しておきます。一旦アウトライン化したした
ファイルを保存してしまうと、文字に戻す
ことはできませんので。

入力した文字を選択します。
(黒い方の「選択ツール」で文字をクリックする)

メニューバーの「書式」の
「アウトラインを作成」をクリックします。
アウトライン化されました。

いかがですか?アウトライン化されたでしょうか。

次回はオブジェクトを作って見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA