Macイラストレーターの「分割」する「影」をつける!

Macでイラストレーターを使う

おはようございます。Mac星人です。

毎日お仕事な日々を過ごしています。
Macのイラストレーターは少し理解して
いただいているでしょうか?
今日は図形の分割と影付けを
紹介したいと思います。

オブジェクトを分割

この記事の冒頭のイラストですが
キツネの尻尾あたりに使っている
図形の分割をしてみたいと思います。

今回の分割は色がついている場合
不透明度が100%であることが必要です。
不透明度が100%未満だと操作が変わってきますので。

ペンツールなどで書いた図形(完結した図形)
の上に分割したい線をペンツールで載っけます。

「メニューバー」→「ウインドウ」→
「パスファインダー」を選択します。
パスファインダーの種類としては
「分割」「刈り込み」「合流」「切り抜き」
「アウトライン」「背面オブジェクトで型ぬき」
がありますが、今は「分割」を選択します。
この方法を使えば、結構複雑な色分けなんかが
できます。影や立体的なものなどが面で描けます。
パスファインダーは図形同士でもできます。

また穴あけは「形状モード」の
「中ぬき」または「前面オブジェクトで型ぬき」
でできます。

また線をアウトライン化して行うと
今度は図形同士なので
また効果が変わってくると思うので、
それもまた試してみてください。

影をつける

影をつける場合、やり方としては
ドロップシャドウが一般的ですね。
影をつけたいものを選択して
「メニューバー」→「効果」→
「スタイライズ」→「ドロップシャドウ」とします。

初期設定ではドロップシャドウの
「描画モード」は「乗算」になっています。
描画モードもいろいろ種類があり
効果も変わってくるので試してみましょう。
このとき気をつけたいことがあります。
複数の図形を選択・影付けしていくと
どんどん影が濃くなっていくことです。
なのでパーセントを下げてみたり
描画モードを変えてみたり微調整が必要です。

またドロップシャドウを分割する時は
透明部分の分割をしなければならないので
少し手間が必要です。

簡単な影

ドロップシャドウはIllustrator9
あたりから登場しました。
それ以前のIllustratorは
簡単な影はグレーの色で
対応していました。

影をつけたい図形を丸ごとコピーして
背面へペースト(command+B)します。
そのまま→↓(方向)キーを
1~2回押します。
それから影全体をグレーに変えます。

このカエルさん後ろにグレーの影が
ありますよね。
この影は結構簡単で扱いやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA