Macでイラストの描き方、初歩の初歩「もっと顔」no8

Mac星人です

もっとの書き方

イラストの書き方で初歩的な
書き方を紹介しましたが、
もうちょっと突っ込んだことを
書いてみたいと思います。

顔の形「正面」

顔の形は正面からは卵形、
と紹介しましたが、卵形の比率ですが、

縦、横の比率が10対9の長方形を
描きます。(年齢は10代半ば)
その中に円を描きます。
円と四角の接点は各々ちょうど角辺の
真ん中になります。

次に顔の顎の輪郭を描きます。

横の接点から出発しますが
ここは頬骨の上に当たり、
目の位置でもあります。
頰の膨らみはその半分、
顎を少し尖らします。

子供と大人

年齢が下がるにつれ、目の位置と
頰の頂点は下へ下がって行きます。
大人はその逆で目の位置が
少し上へ行きます。

大人を描くときは顔の長方形の
比率を10対9の比率の横を少し
短くして、縦長にします。

目の描き方

目は横に紡錘形ですが、そこは
置いておいて、全体を、で
アタリを描きます。

白目と黒目の丸と黒目の真ん中の
丸を描きます。左右のバランスを
考えながら描いて行きます。

今度はアタリの線を強弱をつけずに
なぞって行きます。

なぞったら、まつ毛を描いたり、
上まぶた目の形に強弱をつけたりして
目を描きます。黒目の真ん中の黒も
塗りつぶします。

色をつけます

黒目の真ん中以外はグラデーションを
つけると綺麗に見えます。反射光を
つけると表情が出ます。

「丸」でアタリをつけることで
割と簡単に描くことができると
思います。

鼻の位置

鼻は目と目の間から出発して、
縦の下から4分の1くらいが
頂点になります。子供大人
関係なく4分の1です。

鼻は好みがあるので、書き方も
様々です。自分の好みの鼻を
描きます。好みのイラストの
鼻をまねして書いてみましょう。

注意すべき点は鼻は
リアルに書き込むとグロく
なります。可愛い絵だと書いて
ない絵もありますね。

大人と子供

子供になるほど鼻は小さく、
ほとんど書かなくて良いかと
思います。大人は細く尖って
行くほど怜悧で知的に成りますし、
男性的な鼻、美人の鼻と、
鼻の大きさ高さで性格まで
出てきます。意思が強く
しっかりした性格の鼻は
小鼻を描くと表現できますね。

斜めの鼻

鼻は高さがあるので、
当然だと思われるかもですが、
形が変わります。鼻は簡単そう
ですが、絵の雰囲気を決める
重要なパーツですし、立体を
意識していないと、出来上がりの
バランスが悪く成ります。
正面の顔との連携もあります。

口の位置は鼻と顎の先の
2分の1程度でしょうか。
口角の上がり具合や口を開いて
いるか、微笑んでいるか、
大きいか小さいか。好みに
よって大きさや形も変わって
きますが、感情を表現します
ので注意が必要です。

口をしっかりかくと個性的で
意志の強い表情に成ります。
鼻や目の表情に合わせて
細く薄く描くと冷たい、または
優しい顔になります。下唇の影を
書く位置を調整することで
口の厚みが表現できます。

先ずは鼻、口、目と、色々試して
見ると良いと思います。

顔は描いている本人に似ると
言われていますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA